活性酸素と生活習慣病

生活習慣病の発病の原因として、活性酸素が問題になっています。


生活習慣病といえば、糖尿病や心臓病、癌、肝臓障害、脳血管障害、腎臓障害などが挙げられますが、
特に関係が深い動脈硬化と糖尿病について深く掘り下げてみたいと思います。


まず動脈硬化についてですが、動脈硬化は血管が細くもろくなってしまう病気で、血流が悪くなったり
血管が破裂してしまう恐ろしいものです。


これは血管の内壁に脂質や繊維やカルシウムなどが付着し蓄積しまう事により、血管自体が硬くなって
しまう為に起こるのです。


悪玉コレステロールが血管の内側に入り込み活性酸素によって酸化されると、免疫システムが働き
さらに活性酸素を増やします。そうなると悪玉コレステロールを取り込んだ免疫システムは脂肪化した
細胞となって血管壁の内側にへばり付いてしまうのです。


次に糖尿病との関連性についてですが、活性酸素の攻撃によりインシュリンの産出が減る事により
糖尿病を引き起こします。


糖尿病の発病によりこれが再び活性酸素を発生させる原因となり、合併症を引き起こすという
悪循環を繰り返してしまうのです。


また活性酸素が細胞内のミトコンドリアを変質させ、ブドウ糖が使われなくなってしまうために
血中のブドウ糖が増えて糖尿病の発病につながるとされています。


生活習慣病はもはや深厚な現代病であるので、私たちは活性酸素を引き起こすあらゆる原因に対して
もっと敏感になり、健康を維持していかなければならない時代に生きているのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。