ストレスと活性酸素

過剰なストレスにより、活性酸素が発生して健康を害する事がわかっていますが、私たちはストレスから
身を守る方法を身につけて重大な病気から身を守る必要があります。


ストレス社会における現代において、ストレスフリーな生活を実現し、活性酸素の害から身を守る事が
難しい現状は否定できません。


しかし心がけ次第でストレスに対抗することは可能であると思います。


ストレスにより胃腸障害や高血圧、頭痛、めまいなどが引き起こされますが、命にかかわるような
重大な病気である心臓病や脳血管障害などにならない為に十分気をつけなければなりません。


ストレスと活性酸素の関係は切っても切れない関係にありますが、大量の活性酸素を発生させない
為にも一刻も早くストレスを減らし解消する方法を実践することが大事です。


まず大事なのが十分な睡眠と休養でしょう。


寝る間も惜しんで働いたり、休日出勤などの激務を行なっていては、体内に大量の活性酸素を発生
させてしまい大きなダメージを受けてしまいますので、よく寝て休みの日などは音楽や温泉などの
入浴で十分な休養を心がけるべきでしょう。


そして時間があれば毎日有酸素運動と呼ばれる軽めの運動が有効です。


早歩きのウォーキングなどを30分から1時間できれば理想的でしょう。


そして食事から摂るビタミン・ミネラル類がストレス対策に有効で、しっかりとした栄養補給が
活性酸素を減らしストレスに強い体を維持してくれます。


日常生活をおくる上で、ストレスとうまく付き合って生きたいですよね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。