活性酸素から体を守る

活性酸素は脂質を酸化させ、身体に色々な害をもたらします。


脂質の最も多い器官は脳であり、活性酸素の増加によって脳にダメージを受けた場合、脳機能の低下を
招いてしまいます。


血管におきれば動脈硬化を引き起こしてしまいます。


脳を活性酸素から守る最適なビタミンとして有名なのはビタミンEであり、脂質の多い脳に浸透して
活性酸素による酸化を防いでくれます。


脳で働くビタミンEは血流を良くして記憶力の向上や集中力を高めるなど、脳機能の改善に有効です。


次に活性酸素を除去してくれる抗酸化物質として、赤ワインに含まれるアントシアニンが挙げられます。


アントシアニンも活性酸素の害を防ぎ、生活習慣病やアレルギー疾患になるのを防いでくれます。


赤ワインを良く飲むフランス人などは獣肉類やバター類を多食するにもかかわらず、生活習慣病に
かかりにくいそうです。


日本でも一時期ワインブームになった事がありましたが、その人気は今でも根強いようです。


赤ワインを醸造する時のブドウの種と皮に強力な活性酸素抑制の働きがあり、赤ワインが生活習慣病の
予防に一役買っている秘密がそこにあります。


脳をはじめとした身体のあらゆる器官を活性酸素の害から守るには、積極的にビタミン類などの
サプリメントや、抗酸化物質を含む食品を積極的に摂取して老化防止や病気予防に努めたいところですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。