活性酸素生活習慣病カテゴリの記事一覧

活性酸素から体を守る

活性酸素は脂質を酸化させ、身体に色々な害をもたらします。


脂質の最も多い器官は脳であり、活性酸素の増加によって脳にダメージを受けた場合、脳機能の低下を
招いてしまいます。


血管におきれば動脈硬化を引き起こしてしまいます。


脳を活性酸素から守る最適なビタミンとして有名なのはビタミンEであり、脂質の多い脳に浸透して
活性酸素による酸化を防いでくれます。


脳で働くビタミンEは血流を良くして記憶力の向上や集中力を高めるなど、脳機能の改善に有効です。


次に活性酸素を除去してくれる抗酸化物質として、赤ワインに含まれるアントシアニンが挙げられます。


アントシアニンも活性酸素の害を防ぎ、生活習慣病やアレルギー疾患になるのを防いでくれます。


赤ワインを良く飲むフランス人などは獣肉類やバター類を多食するにもかかわらず、生活習慣病に
かかりにくいそうです。


日本でも一時期ワインブームになった事がありましたが、その人気は今でも根強いようです。


赤ワインを醸造する時のブドウの種と皮に強力な活性酸素抑制の働きがあり、赤ワインが生活習慣病の
予防に一役買っている秘密がそこにあります。


脳をはじめとした身体のあらゆる器官を活性酸素の害から守るには、積極的にビタミン類などの
サプリメントや、抗酸化物質を含む食品を積極的に摂取して老化防止や病気予防に努めたいところですね。

ストレスと活性酸素

過剰なストレスにより、活性酸素が発生して健康を害する事がわかっていますが、私たちはストレスから
身を守る方法を身につけて重大な病気から身を守る必要があります。


ストレス社会における現代において、ストレスフリーな生活を実現し、活性酸素の害から身を守る事が
難しい現状は否定できません。


しかし心がけ次第でストレスに対抗することは可能であると思います。


ストレスにより胃腸障害や高血圧、頭痛、めまいなどが引き起こされますが、命にかかわるような
重大な病気である心臓病や脳血管障害などにならない為に十分気をつけなければなりません。


ストレスと活性酸素の関係は切っても切れない関係にありますが、大量の活性酸素を発生させない
為にも一刻も早くストレスを減らし解消する方法を実践することが大事です。


まず大事なのが十分な睡眠と休養でしょう。


寝る間も惜しんで働いたり、休日出勤などの激務を行なっていては、体内に大量の活性酸素を発生
させてしまい大きなダメージを受けてしまいますので、よく寝て休みの日などは音楽や温泉などの
入浴で十分な休養を心がけるべきでしょう。


そして時間があれば毎日有酸素運動と呼ばれる軽めの運動が有効です。


早歩きのウォーキングなどを30分から1時間できれば理想的でしょう。


そして食事から摂るビタミン・ミネラル類がストレス対策に有効で、しっかりとした栄養補給が
活性酸素を減らしストレスに強い体を維持してくれます。


日常生活をおくる上で、ストレスとうまく付き合って生きたいですよね。

活性酸素と生活習慣病

生活習慣病の発病の原因として、活性酸素が問題になっています。


生活習慣病といえば、糖尿病や心臓病、癌、肝臓障害、脳血管障害、腎臓障害などが挙げられますが、
特に関係が深い動脈硬化と糖尿病について深く掘り下げてみたいと思います。


まず動脈硬化についてですが、動脈硬化は血管が細くもろくなってしまう病気で、血流が悪くなったり
血管が破裂してしまう恐ろしいものです。


これは血管の内壁に脂質や繊維やカルシウムなどが付着し蓄積しまう事により、血管自体が硬くなって
しまう為に起こるのです。


悪玉コレステロールが血管の内側に入り込み活性酸素によって酸化されると、免疫システムが働き
さらに活性酸素を増やします。そうなると悪玉コレステロールを取り込んだ免疫システムは脂肪化した
細胞となって血管壁の内側にへばり付いてしまうのです。


次に糖尿病との関連性についてですが、活性酸素の攻撃によりインシュリンの産出が減る事により
糖尿病を引き起こします。


糖尿病の発病によりこれが再び活性酸素を発生させる原因となり、合併症を引き起こすという
悪循環を繰り返してしまうのです。


また活性酸素が細胞内のミトコンドリアを変質させ、ブドウ糖が使われなくなってしまうために
血中のブドウ糖が増えて糖尿病の発病につながるとされています。


生活習慣病はもはや深厚な現代病であるので、私たちは活性酸素を引き起こすあらゆる原因に対して
もっと敏感になり、健康を維持していかなければならない時代に生きているのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。